薄毛治療のクリニック大運動会IN福岡 » 福岡で聞いた!薄毛治療の成功体験談 » 症例別に見る薄毛治療の効果って?【福岡編】

症例別に見る薄毛治療の効果って?【福岡編】

 福岡県は、特別薄毛に悪い環境ではありません。ただ、梅雨時期は他の季節よりもしっかりと頭皮ケアを行う必要があります。その理由として、湿度が高いと汗が原因で頭皮に皮脂や汚れが溜まりやすいのです。今回はさまざまな薄家症例ごとの治療効果についてまとめてみました。

 

薄毛に悩むのはオジサンばかりじゃない?

 

20代でも薄毛に悩む人は多い

親からの遺伝などで、生まれつき薄毛体質の人も珍しくはありません。遺伝による薄毛の人には1年間かけて治療を行います。医療ヘッドスパ、注射を月に1度、合計12回行って少しずつ違和感がないように髪の毛を増やしていきます。その際に発毛促進作用が確認されている「ミノキシジル」を服用します。ミノキシジルは長期間投与でも重篤な副作用が生じていない治療法として有名です。

 

加齢による薄毛には注射のみの施術

もともと髪の毛は多い人でも、加齢によってどんどん薄毛になっていく人も多いようです。この場合は2年間かけてミノキシジル注射を月に1度、合計24回投与して治療をしていきます。薄さが目立っていた頭頂部、前頭部なども10カ月後で普通の一般的な髪の量と変わらないほどに増えていきます。ただ、増えたところで投与をやめてしまうと、再び薄毛になってしまう可能性があるので、ある程度促進効果のあるミノキシジル注射を投与していくのです。

 

薄毛ではなく、ツルツルの状態の場合は

わずかでも髪の毛が残っていれば、促進効果のるミノキシジルを投与できるのですが、一部分だけがツルツルになってしまっている場合、ミノキシジルも投与はしますがメインとなる治療法はHARG療法になります。皮膚学会では未評価の治療法ですが、主に美容系のクリニックで行われている治療法です。他人の細胞で作った成長因子を投与するものであり、自分自身ではなく他人の細胞の力を借りて、髪の毛の促進効果を出すのです。

 

薄毛の原因となるのは、どんなこと?

薄毛と言っても、ある日突然なるわけではありません。さまざまな出来事の積み重ねで薄毛になってしまうケースがほとんどなので、どんなことが髪の毛に良くないのかをしっかり把握しておきましょう。逆にこれらを避けることで、薄毛から遠ざかることが出来るかもしれません。

 

不規則な生活

不規則な生活、食生活を続けていると髪の毛に栄養が行きわたらず、どんどん細くなってしまいます。髪の毛が細くなることで、頭皮が目立つようになり薄毛になっていくのです。きちんと栄養バランスの考えた食事、生活リズムの乱れを正すことで、これが原因の薄毛は解決される場合もあります。ただ、短期間で生活リズムの乱れを改善しても、それを一定期間継続しないと効果は見られないので注意しましょう。

 

ストレスなどの精神疲労

社会にはさまざまな部分で、ストレスを感じることがあります。仕事が上手くいかない、人付き合いが上手くいかない、これらは精神的な疲労となって積み重なり、髪に異常をきたすようになります。女性は肌にトラブルが起きやすいと言われていますが、男性は髪にトラブルが発生しやすいという話もあります。これはきちんと検証されたわけではないので、事実かどうかは定かではありません。しかし、ストレスが髪の毛に何らかの異常を与える原因となっていることは確かなようです。ストレスを抱えている自覚がある場合は、少し気分転換などもした方がいいのではないでしょうか。

 

体質遺伝

若い世代で薄毛に悩まされる人は、ほとんどが体質遺伝による薄毛です。一般的には30歳前後から薄毛を気にする人が増えていますが、20代や10代でも薄毛に悩まされる人はいます。これは男性ホルモンが影響していると考えられます。男性ホルモンにはピーク時があり、これは個人差があります。40代でピークを迎える人もいれば、10代や20代でピークを迎える人もいます。そのピークを過ぎたことで、髪の毛が薄くなり始めてしまうようです。

 

薄毛治療に使われる薬とは?

 

薄毛治療にはさまざまな薬や治療法があります。どの薬を使うかは通う病院によって変わってきます。一般的にはミノキシジルとプロペシアを使う医療機関が多いようです。

 

プロペシア

女性の薄毛に対しては効果が得られないことが認められています。しかし、妊娠中の女性に使用すると胎児に影響を及ぼすので、妊娠中の女性には使用厳禁とされたものです。AGAの原因となる5α-リアクターゼⅡ型を抑制する働きを持つ薬です。比較実験などで高い効果が証明されているので、男性の薄毛に多く活用されている薬でもあります。

 

HARG

美容系クリニックで多く使われている治療法ですが、皮膚科学会では未評価のままです。他人の細胞をから作られた成長因子を使います。本人や家族に病歴がない健康な人から細胞を採取しているので、現段階では危険がないとされています。しかし、自分自身の細胞ではないので、何かがおきてもおかしくはないという考えを持つ人が多いようです。

 

ザガーロ

AGAの原因となる5α-リアクターゼⅡとⅠ型の両方を抑制する効果がある薬です。AGA治療薬として認可はされているのですが、ガイドライン作成時は販売されていなかったので皮膚科学会では未評価のままになっています。最新の治療薬であり、高い効果を期待出来るものとして大きな注目を集めています。

 

 

こんな状態になると危険信号!?

髪は突然異常を起こすわけではありません。何らかの前兆が必ずあるので、それらを見逃さないようにしましょう。そういったSOSを見逃さず、しっかりケアをすることで薄毛の予防にも繋がるのです。

 

髪が細くなる

髪が細くなって、頭皮が目立つようになった人もいるでしょう。髪が細くなる原因として、ヘアサイクルの乱れと言われています。髪の生長期間は意外と長いもので2年~6年と言われています。しかし、髪が細い場合は成長期が1年未満になっている状態です。太くなる工程を省いているようなものと言えば分かりやすいでしょうか。ヘアサイクルの乱れは生活習慣の乱れが原因とも言われているので、髪が細くなってきたと感じている人は、生活習慣を見直すことから始めましょう。

 

髪を洗ってもすぐにベタつく・フケが出やすい

きちんと髪を洗ったのに、しばらく経つと既にベタベタ、髪をかき上げただけでフケが出る場合があります。パラパラのフケは乾燥が原因なので、シャンプーの過剰な洗浄力で乾燥を引き起こしている可能性があります。髪の毛や頭皮にべったりついている場合は過剰な皮脂の分泌による脂漏性のフケになります。ただ、この脂漏性の場合は病気の場合もあるので、皮膚科の受診をした方がいいかもしれません。

 

ニキビや湿疹が出来やすくなった

頭皮にニキビや湿疹が出来やすくなった場合、頭皮が傷んでいる可能性が高いです。ただ、ニキビや湿疹が出来やすくなった場合も皮膚病の可能性があるので、ある程度ケアをして収まらないようであれば病院に行くことをオススメします。

 

薄毛になる原因は、日常生活の中で多くあります。遺伝的なもので悩んでいる人も、そうではない人も男性美容外科などを受診することで薄毛の悩みから解放されるのです。本格的な薄毛で悩む前に、美容外科に相談することもオススメです。福岡県には評判の良いメンズクリニックが多いので、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。薄毛治療は時間がかかるものです。なので、早めに治療に取りかかった方がいいでしょう。

 
薄毛治療クリニック大運動会in福岡_最も生える漢はココを選ぶ!福岡の18院がガチ競争!!