HARG

ここでは、福岡で「HARG療法」による薄毛治療を受ける場合の費用について紹介します。治療の概要や効果についても解説しているのでぜひチェックしてみてくださいね!

HARGとは?

「HARG(ハーグ)」は日本語に直すと「毛髪再生医療(頭髪再生療法)」という意味になります。人体の細胞の根管である「幹細胞」から150種類以上の成長因子を抽出し、それらを頭皮に直接注入することによって、頭皮の持つ発毛機能を復活させる再生医療となります。

HARG療法における薬剤は「HARGカクテル」と呼ばれ、毛根に注入することによって細胞が活性化し、治療終了後も発毛機能が継続し続けます。そのため、一回きりの治療ではなく、治療後も効果の継続が期待できます。

HARG療法が効果的な理由

HARG療法の最大の特徴は、治療後にも効果が持続するという点にあります。注入した成長因子が細胞内で次々と生み出されるため、治療を終えてすぐに効果が薄れてしまうという心配がありません。AGA治療は脱毛を減らして一定の頭髪量を維持する方法ですが、脱毛を減らす治療を止めてしまうと、頭髪量は再び減少し、薄毛になってしまいます。

その点、育毛メソセラピーでは頭皮環境が根本から改善されるため、成長因子の力によって「発毛力」が備わります。 その場限りの薄毛治療ではなく、人体組織を回復させる再生医療ということで、薄毛治療分野では大変に画期的な施術となっています。

HARG療法に使われるカクテルとは

HARG療法には、髪の毛の成長に欠かせない栄養成分と、幹細胞から抽出した成長因子を組み合わせた「HARGカクテル」を使用します。このHARGカクテルを頭皮の奥に注入することによって、髪の毛の成長を根本から促すことができます。 髪の毛はタンパク質やアミノ酸などさまざまな栄養素が関わってできているため、成長因子の注入だけでは発毛を促すことはできません。

栄養素が不足している場所に注入することで、発毛が期待できない場所を刺激し、毛髪の成長を促進することができます。 HARGカクテルはタンパク質、アミノ酸、成長因子に加え、ビタミン類なども配合しています。発毛に必要な栄養素が凝縮されているので、安全かつ確実に頭皮の奥の細胞まで働きかけることができます。 クリニックによっては、血行を良くして毛母細胞まで血液を流してくれる血管拡張薬やコエンザイムQ10などを配合している場合もあり、症状や性別に応じてカクテルの中身が変わる場合もあります。

安心して施術が受けられる

HARG療法では、頭皮の奥の毛母細胞にダイレクトに働きかけて発毛を促すため、男性の脱毛と女性の脱毛それぞれに対応が可能。 AGA(男性型脱毛症)で使われるプロペシアのように、男性にしか使用できない治療薬ではなく、HARG療法では安全に女性でも使用できる薬剤が使われています。

また、HARG療法で使用される薬剤は安全性の高いものに限られ、ウイルスフリーの状態で製造されています。事前にアレルギー起因物質を含んでいないことが確認されているため、アレルギー体質の方でも安全に取り入れることが可能となっています。 体内に直接取り込む薬剤には副作用の心配がありますが、頭皮に注入するタイプのHARG療法では、特に副作用の報告はみられません。 「育毛剤を試したいけど、薬を飲むのが怖い」「アレルギーがあって心配だけど育毛にチャレンジしたい」といったお悩みを持つ人にとっても安心です。

HARG療法は一度きりの施術ではありませんが、ダウンタイムの心配がないため何度でも繰り返し施術が受けられます。 後遺症などの心配もなく、頭皮に傷跡が残る心配もないとされています。継続的かつ確実に育毛を望む人にとっておすすめの施術方法と言えます。

HARG療法の費用を一覧チェック!

まずは、当サイトで紹介しているクリニックの中から「HARG療法」を扱っているクリニックを3院をピックアップ。それぞれで受けられるHARG療法の料金を一覧にしてみました!

クリニック名 範囲 費用
あやべビューティークリニック福岡 頭部1/3 トライアル…80,000円/通常1回…120,000円
頭部2/3 トライアル…100,000円/通常1回…150,000円
頭部3/3 トライアル…150,000円/通常1回…180,000円
福岡博多駅前通り中央クリニック 頭部1/3 トライアル…80,000円/通常1回…120,000円
頭部2/3 トライアル…100,000円/通常1回…150,000円
頭部3/3 トライアル…120,000円/通常1回…180,000円
ガーデンメンズクリニック 頭部1/3 1回…80,000円
頭部2/3 1回…100,000円
頭部3/3 1回…150,000円

HARG療法の薄毛効果をくわしく解説

では、そもそもHARG療法による薄毛治療とはどんなものなのでしょう…?以下に、治療の概要や仕組み、効果についてまとめてみました!

成長因子を配合した「HARGカクテル」を頭皮へ直接投与!

「HARG」は、正式には「Hair Re-generative therapy」という名称で、毛髪再生医療のことを言います。人工的に人体組織を機能回復させる再生医療技術を、薄毛の治療に活用したものです。「HARG治療センター」の院長を務める医師・福岡大太朗氏が導入をし、日本では2006年から臨床が開始しています。

HARG療法には、髪の毛を再生するために必要なタンパク質やアミノ酸成分、ビタミン類などを配合した「HARGカクテル」を用います。HARGカクテルはウイルスフリーの管理施設で厳重に製造管理されており、副作用やアレルギーを引き起こす恐れもあまりない安全な薬剤です。

この、さまざまな成長因子(グロースファクター)を配合したHARGカクテルをダイレクトに頭皮へ投与し、毛根まで到達させることで、細胞へと働きかけて発毛・増毛を促すのです。用いられるHARGカクテルは、性別や症状などによって変わります。

HARG療法の副作用

HARG療法を受けるうえで、やはり心配なのは副作用です。改善させるために受けた治療が、より一層悩みを増やしてしまう原因になるのは避けたいですよね。

結論からお話しすると、HARG療法による副作用はほとんど起こらないと考えていいでしょう。海外でもすでに数千の症例がありますが、副作用の報告はないといわれています。今のところ重大な副作用は出ていないということです。成分は細菌やウイルス検査もしていますし、脂肪肝細胞を培養して抽出したものなので安全性は確か。さらにアレルギー物質を含まないことも確認されており、副作用はかなり起こりづらいといえるでしょう。

薄毛治療で用いられることが多いミノキシジルやプロペシアといった成分は、血圧の低下や体毛の変化、かゆみなどが起こるとされています。こういった副作用がない、という点でも挑戦しやすいですよね。

また、ミノキシジルによる治療によって起こりやすい初期脱毛に関しても、HARG療法では確認されていません。一時的ではあっても、脱毛って薄毛を治療している人にとっては嫌なものですよね。そういった心配もなく行える治療法です。

もちろんゼロと言い切ることはできませんが、副作用の起きる可能性はかなり低いでしょう。

グロースファクター再生療法とHARG療法は、どちらがいい?

HARG療法と比べて検討することが多い、グロースファクター再生療法。どのような違いがあって、どちらのほうが効果的なのか気になりますよね。

グロースファクター再生療法というのは、成長因子を頭皮に補っていき、毛髪が自然と成長するようにサポートするというようなものです。最先端の再生技術が生きている方法ともいえるでしょう。

補うべき成分はたくさんあります。ケラチン細胞増殖因子がないとケラチンの生成が促進されませんし、お休みをしている毛包を働かせる働きがある幹細胞増殖因子や、細胞分裂を促してくれるインスリン様成長因子などもありますね。これらの成長因子を頭皮に注入する方法が、グロースファクター再生療法です。

注入方法は状態やクリニックの方針、医師の方針によって異なります。

  • ダーマスタンプ
    ステンレススチール製のダーマスタンプを使って頭皮に傷を作り、そこから成長因子を注入していきます。痛みは比較的少なく、麻酔は必要ない方法です。
  • メソジェット注入
    炭酸ガスを使ったジェットスプレーで、針を使うことなく浸透させていきます。痛みに弱い人や不安な人でも行える方法です。
  • エレクトロポレーション
    電流を逃避に流して、肌のバリア機能を開きます。そこで成長因子などを注入。バリア機能は一時的に開くだけなのですぐに戻り、中に有効成分が入った状態となります。成分をバランスよく、頭皮全体に行きわたらせることが可能です。
  • フラクショナルレーザー
  • 頭皮に細かな傷をつけて、薬剤を浸透させていきます。薬剤は定期的に照射しながら浸透させていくことが多いです。

グロースファクター再生療法は、成長因子が不足して起こっている薄毛に対しての効果を発揮してくれます。ただし、効果が出るまでには半年ほどかかることも。また治療は定期的に受けなくてはいけません。効果には個人差もあるので、しっかりと医師から話を聞いておきたいですね。

HARG療法と比べてみた場合、成長因子を注入するなら同じでは…と思ってしまいますが、大きな違いは使用している成長因子、そして行う注入方法ですね。自分に必要な成長因子かどうか、そしてどうやって注入するのが適切なのか、そのあたりを比較してみるといいでしょう。HARG療法に関しては、認定機関でしか使用できない治療名となっています。認定されているという意味では安心感がありますね。

薄毛治療クリニック大運動会in福岡_最も生える漢はココを選ぶ!福岡の18院がガチ競争!!