薄毛治療のクリニック大運動会IN福岡 » AGAに関する基礎知識 » 薄毛治療の特徴や選び方について

薄毛治療の特徴や選び方について

薄毛治療はどこでできるのか?

薄毛治療を行うことができるのは、一般の病院の他、専門クリニックや美容外科です。一般の病院で行うことができると聞いて意外に思うかもしれませんが、そもそも男性型脱毛症の診療ガイドラインは日本皮膚科学会が作成しています。

皮膚科の他には、内科、女性の場合は婦人科で受診できます。福岡で薄毛治療を行うことを考えている人は、一般の病院の他、専門クリニックや美容外科もありますのでそれぞれどんな症状の人が向いているのか理解しておくことは大切です。

【参考】

皮膚科や内科における薄毛治療の特徴

皮膚科や内科での薄毛治療の特徴は、頭皮の治療目的であることです。新しい髪の毛を生やすための治療を目的とはしていません。ですから、脂漏性脱毛症や脂漏性皮膚炎といった頭皮の疾患を治すための治療、頭皮のかゆみや炎症を改善する治療が主に行われます。

そのため軟膏などの外用薬が処方されることが多いです。皮膚科や内科での薄毛治療にも内服薬を処方してくれます。内服薬はフィナステリドを配合したプロペシア単体ということが多いでしょう。

費用は専門クリニックや美容外科に比べ安く済みますが、皮膚科や内科は男性型脱毛症(AGA)に詳しい医師ではない可能性もあります。また、専門クリニックや美容外科は頭部を写真撮影し、効果を確認しながら一人ひとりに合った治療を行っていきます。

しかし、皮膚科や内科は一部の医院を除けば、頭部の写真撮影は行いません。また、皮膚科や内科の場合、通院の頻度は1~6か月に1回です。

専門クリニックや美容外科における薄毛治療の特徴

専門クリニックや美容外科での薄毛治療の特徴は、発毛を目的としています。そのため新しい髪の毛を生やすための治療に特化しています。もちろん専門クリニックや美容外科も病院ですので皮膚の炎症などがあれば治療してくれます。

あわせて新しい髪の毛が生えやすくなるように、ミノキシジルなどの外用薬とフィナステリドを配合したプロペシアなどの内服薬を組み合わせて発毛を促すのがほとんどです。皮膚科や内科に比べ費用は高いですが、頭部を写真撮影し、経過を見ながら一人ひとりに合った治療を行っていきます。

専門クリニックや美容外科は男性型脱毛症の患者さんを何人も治療してきていますので、専門的な知識を持ち合わせているのも心強いです。専門クリニックや美容外科の場合、通院の頻度は1か月に1回程度です。

それぞれの費用は?

薄毛治療は頭皮の治療と判断され、保険適用されるものもありますが、基本的には保険適用外です。なぜなら厚生労働省では保険適用の範囲を、疾病の治療および予防などに限っているからです。

皮膚科や内科における薄毛治療の費用は、9,000円~15,000円です。専門クリニックや美容外科における薄毛治療の費用は約30,000円となります。専門クリニックや美容外科によっては無料カウンセリングを行っているところもあります。そうしたものを利用すれば費用を少し安く抑えられるでしょう。

どんな症状の人にどの病院が向いているか?

皮膚科は頭皮の疾患を治すことをメインに考えている人に向いています。髪の毛が増えることもありますが、大きな期待はできませんので、毛髪の量は現状維持でよいと考えた方が良いでしょう。

内科は家族に薄毛が多いなど遺伝的な要素や他の病気が起因して薄毛が進行していると疑う人におすすめです。婦人科はびまん性脱毛症や女性男性型脱毛症など女性ホルモンバランスが原因と考えられる症状の人が通院するのに便利いです。専門クリニックや美容外科は新しい髪の毛を生やしたい、毛髪を増やしたい人によいでしょう。

費用に差はありますが、その分、専門クリニックや美容外科では様々な治療を組み合わせてくれるので大きな期待ができます。

薄毛治療クリニック大運動会in福岡_最も生える漢はココを選ぶ!福岡の18院がガチ競争!!