薄毛治療のクリニック大運動会IN福岡 » AGAに関する基礎知識 » 薄毛に効く食事法や栄養素は?

薄毛に効く食事法や栄養素は?

育毛と聞くと育毛剤や育毛シャンプーと行った外的なものに頼ろうとしがちです。しかし、実は普段の食事も育毛にはとても大切なのです。なぜなら私たちは食べ物を通して栄養を摂取しているから。髪に良い食事や栄養素を積極的に摂ることで健康的な髪を育てることが可能になります。

髪の毛を強くする食生活

健康で太く、たくましい髪の毛を育てるには十分な栄養を毛根に届けることが重要になります。また、同時に髪に良くないものは避けるようにする必要があります。

脂質や糖質を控える

普段から外食ばかりしている、ファストフードが大好き、家ではスナックや甘いものばかり食べているのはよくありません。これらは脂質、糖質の摂りすぎになってしまい、血行の悪化、皮脂の過剰分泌につながります。

日本の食生活の欧米化に伴い、これらの動物性脂質の摂取量が増加しているとされています。
(PDF)農林水産省の「東海地域食料自給率向上研究会」によれば、昭和40年代に比べても脂質の摂取量は増加傾向にあることが指摘されており、それに従って生活習慣病の増加も懸念されています。

生活習慣病は肥満による血液循環の悪化から引き起こされる疾患なども多く存在します。血液循環が悪くなるということは髪の毛などの末端の血管まで新鮮な血液が届かなくなるということを意味します。血液が届かなければ、血液と一緒に運ばれてくる栄養も髪の毛に届かないということになるのです。

バランスの取れた食事を心がける

髪の毛に有効な栄養素を積極的に摂りつつ、バランスを意識した食事を心がけましょう。髪の毛に良い栄養というと、タンパク質、亜鉛、ビタミンB群が挙げられます。また、ビタミンCやEは血中コレステロール値を下げ、血行を促進する働きがあります。

また、意外と疎かにされてしまうのが、水分補給です。水は体の7割を占める重要な成分です。水をたくさん取ると新陳代謝がアップするので、頭皮に適度な潤いを与えながら皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できます。

育毛に効果的のある栄養素

育毛に効果の高い食事をするには、どのような食材を取り入れれば良いのでしょうか。

髪を作り出す材料となる「タンパク質」

髪の毛の95%はタンパク質でできていると言われています。タンパク質が不足すると毛髪が脆弱化するということは(PDF)マウスのタンパク質栄養状態と体毛タンパク質合成の 関係についてでも触れられており、非常に重要な成分です。大豆、豆腐、納豆などは吸収率も高く、日頃から摂取しやすい食材です。

頭皮の新陳代謝を活発にする「ビタミンB」

ビタミンBは頭皮の新陳代謝を活性化させる働きがあります。また、血液を作るのにも必要な栄養です。カツオやマグロ、アジ、サバなどの青魚に豊富に含まれています。また、良質なタンパク質も持ち合わせています。

血液循環を改善する「ビタミンC」「ビタミンE」

ビタミンCはレモンやグレープフルーツ、ゆずなどに多く含まれています。ビタミンCは加熱すると壊れやすいという特徴がありますので、なるべく生で摂りたい食物です。

ビタミンEはアーモンドやかぼちゃ、ほうれん草、ピーマンなどに多く含まれています。ビタミンCとビタミンEは同時に摂ると吸収率が良いので、なるべくこれらの食材を一緒に摂るようにしましょう。<

髪の毛の成長をサポートする「亜鉛」

ミネラルは体を構成するのにとても大切な物質ですが、その中でも亜鉛は男性ホルモンの抑制する効果があるとされています。牡蠣やイワシなどの青魚、緑茶などにも含まれています。

食事が難しい場合はサプリメントで補う

忙しい現代人が毎日必要分の栄養素をバランス良く摂るのは難しいという面もあります。そういった場合はサプリメントを上手く使って補うようにすると効果的です。

薄毛治療クリニック大運動会in福岡_最も生える漢はココを選ぶ!福岡の18院がガチ競争!!